売却事例詳細 土地

息子さんが関東に新築したため、不要になった空き地を売却

息子のために・・・と思っていた土地が不要になってしまった

 

将来、息子さんが家を建てるために・・と数年前に土地を購入したO様。

ところが息子さんが関東に新築したため不要になってしまい、売却するかどうしようかと相談を受けました。

ご自分ではこの土地に建築のお考えはなかったため、このまま所有していても固定資産税がかかるだけ、と売却を決意。

 

売地看板の設置を行ったことで、このエリアで土地を探されていた方から問い合わせがあり、売買契約を結ぶことができました。

 

広告
物件種目 土地
所在地 宮城県大崎市
面積 373m2
時期 2015年8月